スポンサーサイト

  • 2019.05.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    6/9 ワークショップでのビブリオバトル

    • 2012.11.25 Sunday
    • 17:11
     11月も下旬に入りつつありますね。
    読まなくなった本の片付けが終わらない猫子です。

    11/25に放送された「地球イチバン」という番組、興味深く拝見しました。
    もうね、ノルウェーの制度が羨ましい。
    女性も雇えば能率が上がる、という話を聞いて日本の企業なら「じゃぁ能率を上げる為に女性も雇おうじゃないか」という発想、すなわち経済的な効率を主軸に入れ、安直な判断をするかもしれない。

    そうじゃなくて、まずは育児休暇が十分に取れて自分の職も保障されるっていう環境の整備が先!
    なんじゃーないでせうか。
    結婚や出産を機に女性が一回職場を離れることのメリットも聞いたことがありますが…ノルウェーの発送はさらにこの上をいくものだと思いました。

    光野有次『バリアフリーをつくる』という岩波新書で、「ノルウェーの社会は乳母車が通りやすい道として作ってある、それが結果的に車いすでも通りやすい道になっている」という話を読んだことがあります。

    まぁ、そんな話はおいおい。私も勉強しないと。なにより自分の為に。
    今年の6月に名古屋で行われた、ビブリオバトルのワークショップで行われたバトルを紹介したいと思います。
    この日は、全国の普及委員の方と直接お話できる貴重な機会になりました。
    集まった中から抽選で発表者(バトラー) を選び、2回バトルを行いました。
    (ただ、手元の記録がしっかりしておらず、冊数や順番があいまいです。違う所があったらご指摘いただくとありがたいです。)
    がついているものがチャンプ本です。

    ----------------------------
    第一ゲーム
    ⒈『Mind パフォーマンス Hacks ―脳と心のユーザーマニュアル』 Ron Hale-Evans:著、夏目大:訳 オライリージャパン
    2. 『新解さんの謎』 赤瀬川源平 文藝春秋(文春文庫)
    ⒊『オニババ化する女たち』 三砂ちづる 光文社(光文社新書)←私です

    第二ゲーム
    ⒈『ぐわわわん』 わたなべまさゆき 双葉社
    ⒉『ゲイツちゃん』  桜玉吉 エンターブレイン
    ⒊『減速して生きる―ダウンシフターズ』 高坂勝  幻冬舎
    --------------------------------

    〜感想〜
    参加経験も開催経験もある方達がそろったバトル。
    じゃんけんで勝ち残った人が選ばれ、バトルを開始。

    『Mind パフォーマンス〜』は、脳と心の関係の解説書…というやつでしょうか、大学の教科書と言っていたかな?(すいませんあいまいで)
    お話の中には映画「ハンニバル」のことも出てきて、ゾクリ…としたことを覚えています。

    『新解さんの謎』は読んだことがあるので、書名を聞いた瞬間からワクワク。
    たっぷりと間を取り、載っている言葉を一つ一つ読んでいく…これには完敗!
    会場を爆笑の渦に巻き込んだ一冊でした。

    『オニババ化する女たち』は、私がもってきた本です。
    「布ナプキンってすごくいいわよ〜」というある女性からのお勧めで知った本です。
    女性という性を生かす/活かす生き方のヒントになる本…このブログでも書きたい本の一つです。

    『ぐわわわん』は初参加の方による紹介。
    「どうしても捨てられない絵本」という言葉が印象的でした。
    著者はタレントの渡辺正行さんだそうです。

    『ゲイツちゃん』は…たにちゅー先生による紹介。
    「本人とは関係がない」という断り書きがあるものの、主人公はどう見ても某米国の某有名会社の超有名人。
    そのキャラクターが徹底的にキレまくる4コマ漫画!?
    ちょっと見せて頂きましたが「うんうん、あるある」と納得できる日常の「イラッ」とする瞬間が見事に詰まっています。

    『減速して生きる』
    著者は池袋でオーガニックバーを経営している方なんだとか。
    正直毎日が忙しすぎるので、是非読みたいところ。
    昔から力を抜くのが苦手なので…(笑)

    〜ビブリオは 終わってからが 盛り上がる〜

    時間の都合でこの場にいた人たち全員がもってきた本を紹介する事はできませんでした。

    しかーし!紹介を聞いていると自分も発表したくなるのがビブリオバトラーというもの。

    「 有志で 集まって ビブリオ を や ら な い か 」

    こんな声が自然と出てきて、宿泊しているホテルの一室に集まる事にしました。
    はたしてどんなバトルになったのか?それはまた、次回の記事で紹介したいと思います。
    それでは、しばし失礼。

    スポンサーサイト

    • 2019.05.12 Sunday
    • 17:11
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM