スポンサーサイト

  • 2019.05.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    6/16 若人ビブリオバトル@新宿某所ッ!!!!!

    • 2013.06.23 Sunday
    • 23:13

    ―――6月16日、新宿某所。
    8人の若人、ビブリオに集う―――

    どうもみなさん、こんばんは。猫子です。

    さて、twitterでも中継していたのですが、大学生〜社会人1・2年目の人間でビブリオバトルをやってみました。

    いきなり余談、しかも個人的な感想になるのですが、学生の立場でビブリオバトルに参加すると、いろんな立場の方とお会いすることがあります。
    他大学の学生と会うことも多いんですが、それより社会人の方と話すことの方が時間としては圧倒的に多いです。
    そうなると、学生(=つまり若い人)は、基本的に社会人の方の話を聴く側になりがちです。もちろん悪いことではないですし、学生が受け身の姿勢だったり、社会人の方が管をまいている…なんて悪く言うつもりはありません。
    面白くて貴重なお話からバカ話、進路や人生の相談に乗ってもらったりと、お話をする過程で様々なものを受け取ったり、新しいことが産まれていることは確かだからです。

    ただ、そうなると一つ問題があります。
    学生同士が、話せないんです。

    いや、ちょっとは話せますよ(笑)
    でも、声や話題性が大きいのはやっぱり“オトナ”な方々ですから、どうしても埋もれがちで…こう、“ざっくばらんに〜”という雰囲気にはなかなかならない。

    そこを打破しよう!
    っていうか若い奴らだけでやりたいね!
    そんな意図から今回の開催に繋がりました。

    さて、今回は2ゲームが開催されました。以下、紹介された本です。
    がチャンプ本ですよ。
    ----------------------------------
    第一ゲーム
    1. 『惑星さんぽ』tori8(ワニマガジン社)
    2. 『孤独のグルメ』久住昌之:原作、谷口ジロー:絵(扶桑社)
    3. 『ひだまりスケッチ』蒼樹うめ(芳文社)(当日は7巻を持ってきてくださいました)
    4. 『ぼくのメジャースプーン』辻村深月(講談社)

    第二ゲーム
    1. 『オールカラー 深海と深海生物 美しき神秘の世界』独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)監修(ナツメ社)
    2. 『聡明な女は料理がうまい』桐嶋洋子(アノニマ・スタジオ)←私です。
    3. 『装丁道場―28人がデザインする「吾輩は猫である」』グラフィック社編集部(グラフィック社)
    4. 『アルケミスト』パウロ・コエーリョ(角川文庫)(当日はACIDMANのアルバムとともに発売された版を持ってきてくださいました。カバーが美しい!)
    ----------------------------------

    ~感想~
    今回の参加者は個人的にお誘いをかけた方が中心でした。
    みんなビブリオ慣れしていることもあって、質問タイムも活発なやり取りがありました。
    「自分と同世代に勧める本」というのを意識したチョイスでしたね。
    私は酔っていることもあってしゃべりが支離滅裂でしたが(爆)
    終わってからビブリオでお酒飲むのやめようかなと真剣に考えてしまいました。

    *第一ゲーム*

    『惑星さんぽ』
    オールカラーの漫画で単行本で、価格が2000円切っている。
    もうこれだけで魅力的です。
    絵もきれいだよみたい。こういうの好きだ。

    『孤独のグルメ』
    ドラマ化もされた作品です。知っている人も多いのでは?
    独身の中年男性がひたすら外食で食べまくる、という内容の漫画ですが、究極のグルメ料理がでてくるわけでもなく、主人公の人間関係が詳細に描かれるわけでもない。
    ただ、読んでいると「こういう食べ方/生き方ができるっていいかも」と思わせる。そんな雰囲気が好きだとおっしゃっていました。
    実際に漫画の通りの道を通って同じお店に行ってみた、という楽しみ方もできるそうです。(お店がすでになくなっているものもあるみたいです…残念。)

    『ひだまりスケッチ』
    「日常モノ」というジャンルの代表作。
    ん?「日常モノ」って何?という方は…すいません。調べてください。私より詳しい方がたくさんいますので(笑)
    高校生の日常を描く4コマ漫画だそうですが、重要なのは作品内できちんと「時が流れる」こと。なんだそうです。
    主人公が迎える苦しい受験の時期まで描かれ、「自分が読むとともに一緒に成長してきた、という楽しみ方ができた」と仰っていましたね。

    『ぼくのメジャースプーン』
    「好き」という気持ちが十分に表れた素敵な紹介でした。もう何も言うまい。
    ちょうど家にありましたので、今読んでおります。

    *第二ゲーム*

    『オールカラー 深海と深海生物 美しき神秘の世界』
    なんとこの本、監修が「独立行政法人海洋研究開発機構」(JAMSTEC)。
    紹介者の方曰く、「この本1冊だけで教科書にしてもいいぐらい、しっかりした専門知識もわかりやすく書いてある」そうです。
    現物を見せていただいたのですが、写真もきれいでした。

    『聡明な女は料理がうまい』
    はい、私です。
    ああ、本はとってもよいのに、私の紹介がその良さを生かし切れなかった…。
    後悔しております。どこかでリベンジできないかな。

    読み応えのある料理エッセイなのですが、そこからにじみ出るのは「どういう生き方をしていくか?」という永遠の問いかけです。
    ちなみに、この中にある「ロックフォールドドレッシング」は実際に作ってみました。家族には好評でしたよ。

    『装丁道場〜』
    さまざまな装丁家に、同じ本を「デザイン」してもらう。
    題材は『吾輩は猫である』。
    考えてみると、本はいろんな作り方ができるんですねぇ…。

    『アルケミスト』
    「どんな自己啓発書よりもずっと役に立つことが載っている」
    私も読みました。紹介者の方の話に同感です。
    問題なのは、読んだ内容を忘れてしまうこと。
    上にも書きましたが、ACIDMANが『アルケミスト』を題材にしたアルバムを発売し、その時に買ったものだそうです。うう…画像がお見せできないのが残念です…。

    -------
    首都圏内にビブリオバトルが進出して約3年。
    大学生として参加したメンバーが、ぞくぞくと社会人になり始めました。
    改めて、そんなに月日がたったのかぁ…と感じました。

    でも、そこは若者。
    学生時代のおバカな話や、入っていたサークルでの面白話。新社会人になって感じたことなど、話題は尽きません。

    みなさんそれぞれビブリオバトルについて真剣に考えており、「自分自身にとってビブリオバトルとはどんなものであるか?」という話題に自然となっていきました。
    一番多かったのは「ビブリオバトルが掲げているメッセージや理念って、本当に伝わっているのか?」という疑問でした。
    「本好きだけ」が楽しむイベントではない。それ以上の可能性がある。それを認識できている人がどのぐらいいるのか?

    その話題の時、どうしても気になって、「私はどう見えますか?」と参加している方に聞きました。
    彼らから返ってきたのは「自分ではどう思うの?」という問いかけでした。
    私のビブリオバトルの捉え方…おっと、ここで話すと長くなります。

    今回参加できなかったみなさん、また次回。
    そのときはたのしく食べて飲んで、たくさんおしゃべりしましょう。

    それでは、失礼します。

    スポンサーサイト

    • 2019.05.12 Sunday
    • 23:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM